薬剤師が年収700万円を狙う方法5選【薬剤師なら誰でも実現可能】

本サイトはプロモーションを含む場合があります。

こんにちは!ヒーロー薬剤師です!

今回は薬剤師が年収700万円を狙う方法5選を伝えていきます。

年収1000万円は厳しいけど、年収700万円を目指したいなぁと考える薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

ヒーロー薬剤師

年収700万円は十分ありがたいですね

結論からですが、年収700万円は特別な能力がなくても目指せます。

年収700万円あれば、手取りが530万円〜560万円ですので、十分裕福に暮らせる金額ですよね。

薬剤師は大金持ちになるのは難しいですが、安定して小金持ちになりやすい職業です。

まずは年収700万円を目指して、人生豊かにしていきましょう。

それでは、薬剤師で年収700万円を目指す方法5選を見ていきます。

目次

①地方で管理薬剤師 or ラウンダー薬剤師

薬剤師の給料は能力よりどこで働くで決まるので、地方のほうが稼げる

薬剤師で年収を上げたい場合、能力よりどこで働くかが重要になってきます。

都市部は薬剤師の充足傾向が始まっていますが、地方ではまだ薬剤師は不足しています。

そのため、能力に関わらず、地方のほうがお給料を上げることができます。

交通の便が悪いところに住むのは難しい人も、地方ではあるけど、比較的アクセスがいい街を探してみてはいかがでしょうか。

能力よりも薬剤師免許をどこで使うかでお給料が変わってくる

地方で管理薬剤師

地方であれば管理薬剤師として働けば、年収700万円を狙えます。

ぜひ年収を上げたい人は管理薬剤師経験を積んでいきましょう。

地方では一人薬剤師の店舗も多いので、管理薬剤師ができる人材は企業も欲しいです。

都内は管理薬剤師でも年収厳しくなってきているイメージがありますので、やはり働く場所は大事です。

管理薬剤師ができたら、地方でとても需要があるので、とてもおすすめ!

地方でラウンダー薬剤師(複数店舗勤務)

ラウンダー薬剤師とは複数店舗で働く勤務体系です。

月曜日はA店舗、火曜日はB店舗、水曜日は午前はC店舗、午後はD店舗など、毎日違う店舗で働きます。

薬剤師

働く店舗でルールも違うから大変だね

ヒーロー薬剤師

大変だけど、多くの店舗の処方を調剤する分、経験が積めるよ!

1人勤務の管理薬剤師が休んでいる店舗、人手が足りない店舗に行くなど、臨機応変さが求められます。

通勤時間が長くなったり、多くの店舗に対応できる柔軟性が求められるため、手当がつくケースが多いです。

そのため、地方の年収の高さとラウンダー手当が組み合わせれば、年収700万円目指せます。

ラウンダー薬剤師は管理薬剤師以外で給料を上げられる数少ない方法なので、ぜひ視野に入れていきましょう。

転職市場でも評価されやすいので、おすすめの働き方です。

ただしデメリットは以下の特徴があります。

  • 通勤時間が長くなるケースが多い
  • 仕事が残ったら、次の日に持ち越せない
  • 患者さんと深い関係が築きにくい

デメリットはありますが、ラウンダー薬剤師は年収700万円を目指す候補の1つです。

ラウンダー薬剤師はハードな働き方になるが、経験も積めて、お給料が高くなる

②週休1.5日で働く

パワープレイですが、働く時間を長くすれば、年収は上がります。

薬局であれば、平日5日間と土曜日の半日営業していることが多く、その営業時間をフルタイムで働く週休1.5日の勤務形態があります。

求人を見ていると週休1.5日の募集は見つかりますし、交渉すれば、週休1.5日を認めてくれる薬局も多いです。

薬局側からしても、シフトの穴埋めをしてくれる薬剤師を見つけるのは大変ですし、休みを少なくして働いてくれる薬剤師は助かります。

自分の時間は確保しにくいですが、その分お金はたまりやすいです。

働くのが好きな薬剤師さんは、週休1.5日を視野に入れてみてはどうでしょうか。

週休1.5日で働かれている薬剤師さんで、「下手に平日休むほうが疲れる」とポジティブな発想をされている薬剤師さんもいらっしゃいました。

自分の時間は減りますが、年収700万円に到達できる方法の1つです。

③独立して薬局経営をする

今回紹介する中で、1番リスクがある方法ですが、その分稼ぐチャンスはあります。

ただ年収700万円で十分と考えているのならば、独立するのはリスクが高いので、他の方法で年収700万円を狙うのがおすすめです。

ヒーロー薬剤師

リスクは高くなるから、覚悟は必要だよ!

万人におすすめできる方法ではありませんが、年収1000万円以上狙いたい人にとっては、独立して薬局経営はハードな道にはなりますが、夢がある方法です。

年収700万円よりもっと上の年収が狙えるが、万人にはおすすめできない!

④フリーランス薬剤師になる

フリーランス薬剤師とは、雇用されずに薬局と業務委託契約を結ぶ働く薬剤師のことです。

派遣薬剤師と違うポイントは、派遣薬剤師は派遣会社に雇用されていますが、フリーランス薬剤師はどこにも雇用されていないところですね。

フリーランス薬剤師と派遣薬剤師は似ていると勘違いされるが別物である

派遣薬剤師は派遣会社が薬局から仲介手数料を取っていますが、フリーランス薬剤師は仲介を介さずに自分で契約をすれば、その仲介手数料が浮いた分、時給を上げられる可能性が高いです。

フリーランス薬剤師であれば、時給3000円から4000円が相場です。

時給4000円で月160時間働けば、年収768万円稼げます。

独立して薬局経営よりリスクは低く、会社員薬剤師よりは稼ぎやすいのがポイントです。

働く日数や時間も調整できるので、自由な働き方がしたい薬剤師にもおすすめです。

ただし、以下のデメリットはあります

  • 有給や病気になったときの疾病手当金が出ない
  • 確定申告をおこなったり、税務知識が必要
  • 突如仕事がなくなることがある

会社員は守られた働き方ですが、フリーランスは守られていないので、自分の身は自分で守ってかなければなりません。

⑤薬剤師+副業

違う店舗で薬剤師のバイトや派遣

薬剤師はバイトや派遣の時給がいいので、正社員をしながらバイトや派遣をすることで、年収700万円を目指すことができます。

普段と違う店舗で働けるのは、薬剤師としての成長にも繋がります。

ただし、労働時間が長くなったしまうので、体を壊さないように注意しましょう。

ヒーロー薬剤師

スケジューリングはしっかりしていこう

薬剤師以外の副業

個人的には、薬剤師以外の副業をおすすめしたいです。

薬剤師のバイトだと時間の切り売りになってしまって、安定的に稼げるのですが、爆発的には稼げません。

副業は本業以上に稼げる可能性があるのが魅力的です。

ヒーロー薬剤師

副業を始めている薬剤師さんも増えてきているね!

薬剤師をしながら薬剤師以外の副業で数百万円稼ぐのは、特に都会の薬剤師さんで年収700万円を目指したい人におすすめな方法です。

都会はビジネスチャンスも多いので、副業で稼ぎやすいです。

都会以外の薬剤師さんも、今はインターネットを使えば、場所を問わず稼げるので、ぜひチャレンジしてみてください。

また副業で得たスキルは本業にも活かせることができるので、本業の出世にもつながります。

行動を始めなければ、何も変わらないので、副業が気になる人はどんどん行動していきましょう。

まとめ

それでは、薬剤師で年収700万円目指せる方法は以下でした。

  • 地方で管理薬剤師 or ラウンダー薬剤師
  • 週休1.5日で働く
  • 独立して薬局経営をする
  • フリーランス薬剤師になる
  • 薬剤師+副業

平均年収以上を稼いで豊かな暮らしを目指しましょう!

ヒーロー薬剤師

若手薬剤師も積極的に700万円目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役アラサー薬剤師。
転職を中心に薬剤師のコスパを上げる情報を発信。
Twitterではお薬の基礎情報を発信し、フォロワー2100人越え!
転職で年収150万円アップ。
病院薬剤師、薬局管理薬剤師経験あり。
将来の目標は薬剤師業界を助ける転職会社を作ること!
良ければSNSも見てください。

コメント

コメントする

目次
閉じる